ゴールドマン・サックス(テクノロジ部門)

まとめ:実は技術系枠もある世界金融の雄

 

概要:

言わずと知れた外資金融の雄。朝日を見ないと一人前ではないと言われるほどの激務と引換えに得られる、多額の報酬を目当てに毎年多くの就活生が六本木ヒルズを目指す。

外資金融ということで情報系の学生には関係がなさそうな会社ではあるが、実は技術もすごい。今や証券取引はITをどれだけ活用できるかが最重要な時代となっており、ITのレベル=会社の収益性となっている。ゴールドマン・サックスは数ある金融系企業の中でもトップクラスの技術者を抱え、多くのシステムやツールを内製している。当然エンジニア枠での新卒採用も行っている。

エンジニア職はフロントやミドルの人に比べたら劣るものの、やはり日系企業よりは高額の報酬を貰っているようだ。ただ、朝から晩まで働き通しなのは間違いない。またエンジニアは各国のスタッフとコミュニケーションを取らなければならないため、英語が必須である。

私自身は金融にはあまり興味がなかったが、外資金融は選考時期が修士1年(学部3年)の夏ごろという早い時期から始まるため、練習として受けてみることにした。

 

私の軌跡:

筆記・ES

ゴールドマン・サックスの筆記試験はテストセンターである。私は初めてのテストセンター受験がゴールドマン・サックスだったため、結果はひどいものだった。それでも書類選考を通過できた。ゴールドマン・サックスは学歴重視だという噂は本当らしい。

外資系のエントリーシートの特徴として、「あなたが弊社に入社してできる貢献は何か?」という問がある。この問は慣れないと書きにくい。自己PRと会社の特徴を絡めつつ、話をまとめる必要がある。

 

説明会・集団面接・グループワーク

書類選考に合格すると、部門ごとに行う説明会に参加することになる。会場は六本木ヒルズ。東京タワーが同じ高さに見える場所だ。

説明会は、ただの説明会ではなく、同時に集団面接とグループワークを行うものだった。前半の説明会は簡単な企業説明と本部長あいさつ(英語)だった。英語アレルギーのある私はこの時点でしんどかったのだが、そのまま集団面接へ。

集団面接は面接官2・学生3という形式で30分×2セット行った。面接官は大抵日本人と外国人のペアとなる。英語で受け答えできるのがベストだが、最悪日本語でも何とかならないことはない。質問内容は簡単なアルゴリズム、Linuxのコマンドの使い方、データセンターをどこに設置するべきか、擬似コードの作成など、エンジニアチックなものが多かった。もちろん、志望動機や自己アピールなども聞かれる。

グループワークでは、船に乗っているときに、太平洋で遭難したら、どの道具が重要であるか優先付けを行う、というものだった。食料、水、オイル、紙、鏡、浮輪など20種類の道具から、グループ3人で話しあって順位を決めていく。そして最後に代表者が発表を行う。何を見ているのかはよくわからなかったが、まあ普通に話し合いが出来れば問題ないのだろうとは思う。

 

2次面接

1次面接を通過すると2次面接に案内される。ただ、たまたま日程が学会と重なってしまったため、本当であれば個人面接であったところを電話での面接に変えてもらった。ただ、これが運の尽きだった。

1次の集団面接と同じく相手が日本語を使えなければ英語での受け答えになるのだが、電話口だと圧倒的に聞き取りにくい。おかげで、あっと言う間に時間が過ぎ、ひどい面接となってしまった。

面接は30分×2セット。質問内容は「3リットルと5リットルのペットボトルで4リットルを測りなさい」「ある未知の関数fの出力が0となるような入力を求めるための手順について」といったアルゴリズム的な内容から、志望動機、集団での立ち位置など一般的なものまで、様々であった。

電話を終えた瞬間に「次はないな」と思っていたが、案の定ゴールドマン・サックスから再び電話がかかってくることはなかった。

 

感想

選考時期が早いため、練習がてらに受けた会社だったが、結果コテンパにされてしまった。面接では思ったよりもアルゴリズム系の質問が多かった印象だ。しっかりコードを書ける人のほうが向いているのかもしれない。

また、英語はとにかく重要だ。説明会などでは「英語は必須でない」という話をされるが、英語ができないならそれを補う何かが必要なのは言うまでもない。

個人的には、六本木ヒルズの一番上に入れただけでも満足だった。

このエントリーをはてなブックマークに追加

企業リスト