日本ユニシス

まとめ:パッとしない古参SIer

 

概要:

古参SIer。初期の金融システムを扱っていたこともあり、現在でも金融に強みがある。

ただ、古い会社であるために、IT系企業にしては平均年齢40歳越えとなっており、平均年収も数字上は高い値となっているが実際は若手はおっさん社員を支えなければならず、安い給料で働かなければならないだろう。

企業としては中堅SIerのポジション。金融の大規模システムを作れることを強みとしている。ただ、如何せんぱっとしない印象がある。採用担当の人事も台本を読み上げるようなプレゼンしかしていなかったし、説明会に来ていた学生もあまり優秀そうな人はいなかった。

 

私の軌跡:

セミナー・説明会

SIerを中心に企業を見ていたので、この企業も一応見ておこうと思い、説明会に参加した。説明会の内容は、企業説明とグループワーク。しかし、上にも書いたように説明会が微妙すぎて、すぐに候補から切ってしまった。

 

感想

とりたてて感想があるわけでもないが、強いて言えば穏やかで堅実な雰囲気があるところは魅力かもしれない。ただ、このご時世、若手がガンガン活躍していけない会社は没落していくだろう。いつまでもCOBOLの保守をやって儲けられるわけではないだろうから。

このエントリーをはてなブックマークに追加

企業リスト