大和総研グループ

まとめ:シンクタンク・・・?な会社

 

概要:

日本の著名シンクタンクとしてよく挙げられるのは、三菱総合研究所(MRI)、三菱UFJリサーチ&コンサルティング'(MURC)、野村総合研究所(NRI)、みずほ総研、みずほ情報総研、日本総合研究所(JRI)、そして大和総研グループ(DIR)である。名前のとおり、大和証券グループの会社であり、シンクタンクと言いつつ他社のように実態は大和証券向けシステムの開発をメイン業務としている会社である。一部、金融などではちゃんとシンクタンクしているようだが。

この会社は、内販100%の日本総研とは異なり外販も行っている。外販を行っているのが大和総研BI、そして内販は大和総研が行っており、2社を合わせて「大和総研グループ」という形態をとっている。

この会社、給料もパッとしなければ、オフィスも古くて残念な感じ。会社の特徴もあまりなく、社員の人も無特徴。正直いまいちな会社だと思う。私は、一応説明会は参加したが、他社に内定をもらった後早々に切ってしまった。

 

私の軌跡:

セミナー・説明会

特筆することはない。至って普通の説明会。

 

リクルータ面談

エントリーシートを提出すると、個別質問会に呼ばれる。いわゆるリクルータ面談だ。質問会への招待メールには、「持ち物:質問」という微妙すぎる冗談が記載されていて、それだけでも萎えてしまったのだが、実際の質問会もそれはそれは微妙なものだった。正直、こんな上司のもとで働きたくないなと思ってしまった。とにかく特徴がなく、面白みにかけた。

 

リクルータ面談は最大3回あるらしい。私は2回目まで参加し、3回目も案内の電話は来たものの、得るものがないと判断して断ってしまった。

4月から選考の案内をもらったが、上記のとおり1次面接の前に選考を辞退してしまった。

感想

あまり感想はない。この会社を主体的に選ぶ理由がなかなか見つからないと思う。万人が納得する志望動機を創り上げるのは難しいような気がする。この会社を受ける人は、志望動機に伝家の宝刀「人に惹かれました」を使うしかないんじゃないだろうか・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加

企業リスト