【企業情報】ソフトバンク・テクノロジーの社風・給料・強みなど

今回、問合せフォームからご連絡いただいた就活生の方のリクエストにお答えして、ソフトバンク・テクノロジーの企業情報についてまとめてみようと思う。
(問い合わせいただいた方、ありがとうございました)

個人的にソフトバンク・テクノロジーの方とは仕事をしたことがあるため、そこでお会いした方などの印象などを踏まえつつ、ソフトバンク・テクノロジーがどのような会社であるのか整理したい。

スポンサーリンク

ソフトバンク・テクノロジーの基礎情報

ソフトバンク・テクノロジーは、ソフトバンク技研というソフトバンクの技術系研究会社を出自としており、技術力に優れた会社だ。

現在でも、約50%の株式をソフトバンクが所有しており、ソフトバンクの子会社という位置づけである。

事業面では、大きく「個人向けビジネス」「ソフトバンクグループ向けビジネス」「グループ外向けビジネス」の3本柱となっている。直近でいえば、これら3本柱は、ほぼ同じ売り上げ規模となっている。

 個人向けビジネス

「個人向けビジネス」とは、具体的に言えばECサービス(インターネット上の商取引・例えば楽天やアマゾン)である。

といっても、別にソフトバンク・テクノロジーが自社の製品をECサイトで売っているわけではなく、他社のECサイトの開発・運用保守をすべて請け負うビジネスである。

売上的にはとても大きいが、ECサービス自体の利益率が低いこともあり、利益はあまり上がっていない現状だ。

社外・社内向けビジネス

それ以外の「ソフトバンクグループ向けビジネス」「グループ外向けビジネス」は、単純にお客さんが社内か社外かという話である。SIerの分類でいえば、外販もやるユーザ系SIerといったところか。

いわゆるSIerビジネスであるシステムインテグレーションやインフラ構築はもちろん実施しているが、ソフトバンク・テクノロジーズはビジネスの多角化を進めており、特に力を入れているのがクラウドビジネス、データ分析ビジネス、セキュリティ関連ビジネスだ。

特に伸びているのがクラウドビジネスで、Microsoft Azureの代理店としてオンプレシステムをクラウド化する仕事が増えているようだ。また、Office365(Officeのクラウドサービス)の導入も近年多くの会社で取り組まれており、ビジネス規模は拡大していることだろう。

また、セキュリティ面については日本全体でのセキュリティ意識の高まりにより、現在入れ食い状態だろう。この会社に限らず、セキュリティ案件はどんどん増えているのが現状で、大きなビジネスチャンスとなっている。

データ分析ビジネスについては、あまり伸びていない。そもそも、データ分析(いわゆる可視化やAIなどと呼ばれるもの)が一過性のブームに近いものがあるため、しょうがない面もある。

全体的に見て、技術力を生かして新しいことにどんどんトライしている、しかもある程度実績も出ている会社なのではないかと思う。

職場・会社規模・財務状況

従業員数は1000人程度で、いわゆる中規模の会社だ。

近年従業員数を拡大している傾向にあり、勢いのある会社といっていいだろう。

余談だが、会社の規模の見方として、1000人で一つの区切りがあると思ってよい。というのも、1000人を超えてきた会社は、だんだんと統制を取るのが難しくなっていくため、いわゆる「ルールのためのルール」のような効率性を落とす管理が進むようになる。(これは大人数を統制していくためにしょうがないことなのだが)

1000人までは、まだ何とか細やかな統制を図っていかなくても、ギリギリ統制が取れる範囲である。1000人の会社と10000人の会社での働きやすさ(つまりどれだけ社内ルールに縛られるか)はかなり違うものになることを認識しておいた方が良い。

職場は新宿。ソフトバンク自体が汐留にあるため、汐留にもオフィスがある。

財務状況は健全で、売上も利益も順調に推移している。

社風

ソフトバンク全体に言えることだが、社風としてはイケイケに分類されると思う。

その中でも、ソフトバンク・テクノロジーの方とお会いすると、「イケてる技術者」という印象をもつ方が多い。

また、全体的に若い人が多く、打ち合わせなども若手が続々と出てくる感じだ。

ソフトバンクの看板の元、大企業の傘下にいながら、自由闊達な雰囲気を持っているいい会社だと思う。

ソフトバンク自体がまだギリギリ若い会社ということもあり、大企業病(無駄な手続き・無駄な会議・社内政治などなど)に感染していないと個人的には思う。(10年後は分からないところだが)

給料・福利厚生

給料については、決して高い水準ではない。平均年収は670万程度。若い会社ではあるが、平均年齢は37歳なので、30歳くらいでの平均年収は600万いかないくらいになるだろう。

福利厚生については、残念ながらよくわからないが(さすがにビジネス上の付き合いの人に「御社の福利厚生は?」とは聞けない)、HP等で確認する限りでは特筆することはなく、普通の内容かなという印象だ。

まとめ

総じていえば、新しいことにどんどん取り組み、成果も上がっている勢いのある会社であるが、給料水準や福利厚生については平均的、というのがソフトバンク・テクノロジーの現状ではないかと思う。

給料よりも良い環境で新しいことに(しかも若いうちから)どんどんトライしたい、という人であれば、ぜひ選択するべき会社ではないだろうか。

エンジニアとしてのキャリアを志望している人が、新卒で入る会社としてはなかなか良い選択ないかと個人的には思う。

経験者たちの志望動機を参考にする

就活に関する記録は、インターネット上に山ほど転がっている。

最近ではインターネットで志望動機や実際に受けた面接の内容を共有するサービスも増えた。

昔であれば、みんしゅうのような玉石混交・ある意味いい加減なサイトをしょうがなく利用していたが、最近ではきちんと運営が管理する、質の高い情報共有サイトが増えてきた。

例えば、過去の就活生のエントリーシートや就職記録を集めた就活ノートというサイト。

就活ノートは、日本最大級のエントリーシート・就活記録の掲載サイトで、なんと1000社以上の合格エントリーシートを読むことができる。

利用はすべて無料。

志望動機を考えるうえで、ほかの人の志望動機の構成を見ることは参考になる。このような情報共有サイトはかなり有用だ。

登録先のリンクはこちら。すでに登録されている方も多いかもしれないが、まだ登録していない方は、この機会に登録しておくと良いと思う。

就活生が感じるリアルな就活情報【就活ノート】

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク