内定を絶対取りに行くとき面接の際に気を付けていたこと

面接は就活における最大の難関であり、障壁だ。

せっかくエントリーシートに通っても、1次、2次、最終面接と潜り抜けていくのは極めて難しい。

一方で、面接は最高の自己アピールのポイントでもある。

もちろん、就活の世界ではスペックである程度の合否が決まっているケースはある。

しかし、面接での印象というのは採用の世界においてはかなり重視されており、どんなにスペックが高かろうと面接で落ちる奴は落ちるし、スペックが低かろうと受かるやつは受かるのだ。

面接を完ぺきにこなせば、一発逆転は狙えるケースはある。

この記事では、特に私が「絶対に内定が欲しい」と思って望んでいた本気の面接において、どんなことに気を付けていたかについて書いていこうと思う。

スポンサーリンク

面接は人生において好きなことを話せる貴重な機会

面接を「企業から選別される場」だと捉えてしまうと、一気に体がこわばってしまう。

そうではなくて、面接を「大人がド真面目な顔をして自分の大言壮語を聞いてくれるという、貴重な機会」だと思うようにしよう。

面接では、自分のことについて何を話したってかまわないのだ。

たぶん、そんな機会は人生においてもそんなにない。

この機会を楽しまなければもったいない、くらいの気持ちで臨もう。

そんな簡単にうまく気持ちを切り替えられない、と思うかもしれない。

しかし、この気持ちを作れるかどうかが面接において良いパフォーマンスを出せるかどうかのカギとなる。

面接は、飲むか飲まれるかだと思った方が良い。相手より気持ちで上に立つか、立てないかといってもいい。

相手の質問に答えるんじゃない、相手に自分が話したいことを聞かせるんだ。と思うようにしよう。

「なぜ私を取らないのか」と思い続ける

そして、面接中は「なぜ私を採用しないのか」と思い続けることが重要である。

私を採用しないのはこの会社における大損失である、と思えばよい。実際にどうかは知った話ではない。そのような気持ちを作っておくことが重要なのだ。

というか、自身なさげに「良かったら私のこと採用してみませんか?あんまり自信ないけど」みたいな態度をとっている人を採用したいと思う人はいないだろう。

そう考えたら、多少なりとも自身に満ち溢れている態度を持っている人の方が採用されやすいとわかるだろう。

面接中は「完ぺき」に振る舞うこと

意識の面を十分に作れたら、自然と良いふるまいができるようになる。

面接中では、完ぺきにふるまうことを意識しよう。

重要なのは、「完ぺきにふるまわなければならない」と考えるのではなく「私だったら完ぺきにふるまえる」と思うことだ。

同じことを言っているようだが、この意識の差は非常に大きい。自信を持つことだ。

自信を持つために、面接の流れをルーティン化しておく

そして、自信を持つためにも下準備は入念に行っていくべきだ。

具体的には、以下については確実に抑え、予め手順をインプットしておき、ルーティンとしてどの面接においても同じように守っていくと良い。

面接官は、慌てた態度をすぐに見抜く。余計なことでつまづかないように、当たり前のことは当たり前に抑えておくことをオススメする。

ルーティン化する内容について

面接を受ける前に心がけること

  • 私がこの会社に採用されないわけがないという気持ちを作る
  • なぜ私がその会社に入りたいのか明確にする

面接開始までのふるまい

  • 20分前には会場に着く。10分前には受付しておく。
  • 受付では、所属、氏名。相手の所属、氏名。用件とアポの時間を言う。
  • 入室時、ノックは2回。「失礼します」。ドアを開ける。相手と目を合わす。相手を見ながらドアを閉める。一礼して「よろしくお願いします」。椅子の方へ。座る。タイミングを見て、大学名と名前を名乗る。

面接中のふるまい

  • 大切なのは内容よりも態度。見た目の印象、身振り手振り、表情に意識することを5分ごとに思い出す
  • 質問に対して、まず結論を一文で述べるようにすることを忘れない
  • すべてにおいて、自分が会社にどのように貢献するのかという意識を持って話すこと
  • 本当に伝えたい事は、大きな声で、ゆっくり、間をうまくとって話すこと

典型的な質問への対応

  • 自分が優れた人間であることをアピールできるエピソードを5個程度、予め考えておくこと(分野はスポーツ・学問・趣味など多岐にわたるようにする)
  • 趣味について聞かれたときに、何を話すか予め考えておくこと
  • 自分の性格や価値観について、どう説明するか予め考えておくこと

本気で内定が欲しい会社であれば、面接の事前練習をしておく

本気で内定が欲しい会社の面接では、これまで書いてきたことを忠実に実施することは難しいかもしれない。

私もそうだったが、その面接が重要であればあるほど、どうしても緊張してしまうだろう。

特に絶対に失敗できない面接であれば、その会社を想定して模擬面接をやっておくという手もある。

模擬面接の相手は、自分の両親が信頼できるのであれば両親にお願いしても良いし、信頼できる人がいないようであれば、就活エージェントにお願いするという手もある。

就活エージェントのメリットについての記事はこちら。

就活エージェントをうまく使ってまず一つ内定を貰う方法
就活は多様化が進んでいる。 もはや、就活解禁日などというのは建前で、多くの企業は就活解禁日前に独自に採用を行っている。 ...

模擬面接自体に絶大な効果があるわけではないが、少なくとも緊張を取り除き、自信を持ちやすくなるという効果はあると思う。

まとめ

結局、面接というのは会話の内容ではなく態度やふるまいを見られていると思った方が良い。

態度やふるまいをよくするためには、自分に自信を持っていることが最も重要な要素となる。

自分に自信が持てるように、事前に対策できることはしておこう。

本番では、やることをルーティン化して、余計な感情が入る隙間をできるだけなくしておこう。

面接という短い時間で自分のことを判断されてしまうは少し酷ではあるが、逆に言えばチャンスでもあるのだ。そう思って面接を頑張っていこう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク