【私の就活体験記】NEC(説明会・ES)

まとめ:経営さえしっかりしてくれれば・・・

概要: 

メーカ系SIer3強のひとつ。NEC、富士通、日立の3社を併願する情報系の学生は多い。

正直、これら3社はどこも元気が無いのだが、NECはその中でも特にひどい。近年の赤字続きで潰れる or 買収されるのではないかという不安すらある。実際、学会などでNECの社員の方と話したりすると、「いやーうちの会社だけはやめといたほうがいいよ」と言ってしまうレベルである。中の人が自分の会社をヤバいというのは本物だろう。

 

ただ、会社の雰囲気はとても良いと思う。やる気に満ち溢れた人は多い。説明会などでは、熱血すぎず、いいテンションで接してくれるという印象。微熱感とでも言うべきか。ただ、やはり深い話を聞くと話を聞くと会社に不安を持っている人は多そうであった。

 

近年の業績は順調に悪化している。売上高も頭打ち、営業利益は徐々に減少と苦しい状況だ。下の表を見ていただければ、順調に経営が悪化して言っていることが分かると思う。 

 

業績が悪いため、当然給料水準も低い。ただ、田町にあるオフィスは中々のものである。技術的にも優位があるため、経営さえしっかりしてくれれば立て直せる可能性があるのではないだろうか。

 

給与水準については、30歳で600万程度とのこと。家賃補助は3万でるが、年齢とともにだんだん下がっていくらしい。

 

近年、NECはグローバル展開に力を入れており、海外学生を積極的に採用している。日本人学生も、入社後1年間海外で働くチャンスがあるなど、グローバル視点を持った人材になってほしいという思いがあるようだ。

 

正直、これから伸びていく会社ではないが、NECでしかできない技術・研究分野などはなくはないのだろう。そういう意味で、死に切っている会社ではない(と思いたい)

 

スポンサーリンク

私の軌跡:

セミナー・説明会

12月に一般応募向けの説明会に参加した。説明会は、新卒採用担当にしては珍しく年配の人事の方がプレゼンを行っていた。

説明自体はいたって普通ではあるが、このご時世に「今後グローバル化、クラウド化に力をいれる」というメッセージを全面に押し出したプレゼンはさすがに不安に感じた。いやいやそれもう他の企業が先行して取り組んでますから!NECじゃないと出せない価値はなんなのよ!という気持ちだった。

 

会社の雰囲気は嫌いではなかったが、さすがに身の安全が保証できなさそうだったので、結局エントリーは見合わせ。ESは書いたのだが。

 

会社としてはハードからアプリまでフルレイアで扱える会社ではあるので、そういった強みを生かしてまだまだやれることはあるはず。 

私以外の体験談を読むなら

就活に関する記録は、インターネット上に山ほど転がっている。

最近ではインターネットで志望動機や実際に受けた面接の内容を共有するサービスも増えた。

昔であれば、みんしゅうのような玉石混交・ある意味いい加減なサイトをしょうがなく利用していたが、最近ではきちんと運営が管理する、質の高い情報共有サイトが増えてきた。

例えば、過去の就活生のエントリーシートや就職記録を集めた就活ノートというサイト。

就活ノートは、日本最大級のエントリーシート・就活記録の掲載サイトで、なんと1000社以上の合格エントリーシートを読むことができる。

利用はすべて無料。

志望動機を考えるうえで、ほかの人の志望動機の構成を見ることは参考になる。このような情報共有サイトはかなり有用だ。

登録先のリンクはこちら。すでに登録されている方も多いかもしれないが、まだ登録していない方は、この機会に登録しておくと良いと思う。

就活生が感じるリアルな就活情報【就活ノート】

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク