NTT東日本

まとめ:新しい収益基盤を模索中な古い会社

 

概要:

元電電公社のうち、東日本の地方通信担当となったNTT東日本。東日本全域のメタル回線・光ファイバー網といった通信インフラ基板を持つが、携帯電話などの移動体通信が主流となる中で収益性は悪くなる一方である。そのため、他社とのアライアンス(事業提携)により通信+αでビジネスを展開しようとしている。

光ファイバーの利用料が高止まりする中で、ADSLから光ファイバーの移行は必ずしも進んでいないという現状がある。さらに、Wimaxなど固定回線を利用しない通信サービスも登場するなど、経営状況は危なっかしい。さらに、従業員の高齢化も進んでいる。

給料はあまり良くはないが、いわゆるまったり系で社員も落ち着いているタイプの人が多い。のんびり人生派におすすめの会社。ただ、定年は早く、出世できないと50歳で基本的に退社となり、再雇用となる。転勤も多いため、まったりを極めるのにはあまりよくない会社かもしれない。

NTT東西とNTTコミュニケーションズが合併するという話もあり、インフラで安定しているだろうという理由で入社したりすると想定していない動乱に巻き込まれる可能性もあるだろう。その上、特段仕事が面白いといった会社ではないので、正直積極的に選ぶ理由もない。

 

私の軌跡:

リクルータ

NTT系列はリクルータの力が強い場合が多い。NTT東も大学によってはリクルータがつく。私の大学の場合、プレエントリーさえしておけば大学のOBからメールで連絡が来た。NTT東のリクルータはご飯をおごってくれるので、ご飯目的で行ってみるのもいいかもしれない。社員の人は落ち着いた、しっかりとしたタイプが多かった。施設の見学会なども企画してくれ、単純に面白い経験もできる。また、エントリーシートの添削も行ってくれるなど、良く面倒を見てくれる。

リクルータの存在が選考に影響するかはわからないが、面白い経験やESの添削などのメリットからも、リクルータが付く場合には積極的に付いて行くといいと思う。

 

エントリーシート・筆記試験

エントリーシートはボリュームもあまりなく、内容も志望動機や学生時代に頑張ったことなど答えやすいものだった。筆記試験(Webテスト、SPI?)も他のNTT系列のものよりも簡単な内容であったという印象だ。まあ、普通にやっていれば問題なくクリアできるだろう。

私は、NTT東にはあまり魅力を感じていなかったので、エントリーシートを提出した後、選考を辞退してしまった。

 

感想

給料が安い、まったりも保証されないとなれば、あまりこの会社に入社するメリットはないだろう。通信インフラを守ることで社会貢献!などと言っても、この時勢ではどう考えてもドコモやKDDIに入社した方がいいに決まっている。もちろん、ドコモなどは難関なので、併願先としては押さえておくべき企業なのかも。

このエントリーをはてなブックマークに追加

企業リスト