【私の就活体験記】JR東海

まとめ:君は「リア充」か?

概要:

関東圏と関西圏をつなぐ東海道新幹線というドル箱路線を持ち、ほっておいてもお金がじゃぶじゃぶ入ってくる優良企業。一方で、東海道の輸送力強化を目指してリニアを新設するなど、新しい試みも行っている。

リニアに惹かれてJR東海を志望する就活生はたくさんいるだろう。実際、これだけの規模のプロジェクトに携われる会社はあまり無いと思う。また、待遇もよく、残業も少ないため、いわゆる「まったり高給」の企業としても人気がある。社内に多くの部活があり、社員同士も仲がいいらしい。

ただし、JR東海に入社すると名古屋、東京、大阪を転勤するという生活になることは忘れずに。

採用は超学歴主義。帝大が多くを占め、早慶未満だと入社は難しいかもしれない。JR東のアット・ホームな雰囲気と比較して、イケイケな雰囲気が特徴。まあ名古屋の会社だし、といったところか。

システムにはあまり力を入れていないし、今後力を入れていく可能性も低そうだ。そのため、私はインターンに落ちたときにJR東海は切ってしまった。

スポンサーリンク

私の軌跡:

インターン

まず、8月に行われるサマーインターンに応募した。応募は、エントリーシートを書いて郵送で送付する形式。情報系の会社ばかり受けていると、エントリーシートが手書きであることに衝撃をうける。内容は研究内容、志望動機、自己PRと普通。

書類選考を通過すると、品川にて1対1の面接。残念ながら私はここで落選してしまった。質問は普通の内容だったが、私は情報系だったため、「情報系の人がなぜ鉄道なのか」という質問が来た。あまり考えてなかったために、きちんと答えることができなかったのが悔やまれる。面接官はなかなか雰囲気の良い方で、しゃべり上手だった。「インターンは飲み会多いけど大丈夫?」と聞かれるなど、JR東海に入るためには「リア充であること」が大切かもしれない。

感想

インターンに落ちた後に選考をやめてしまったが、インターンを通過した場合にはそのまま内定となる確率が高いそうだ。最低でも冬に行われるワンデーインターンに参加しておかないと厳しいという話も聞く。

リニアの開通という面白そうな仕事であったが、JR東とは異なり情報系学生向けの就職枠もなく、情報系はおよびでない、といった印象だった。

私以外の体験談を読むなら

就活に関する記録は、インターネット上に山ほど転がっている。

最近ではインターネットで志望動機や実際に受けた面接の内容を共有するサービスも増えた。

昔であれば、みんしゅうのような玉石混交・ある意味いい加減なサイトをしょうがなく利用していたが、最近ではきちんと運営が管理する、質の高い情報共有サイトが増えてきた。

例えば、過去の就活生のエントリーシートや就職記録を集めた就活ノートというサイト。

就活ノートは、日本最大級のエントリーシート・就活記録の掲載サイトで、なんと1000社以上の合格エントリーシートを読むことができる。

利用はすべて無料。

志望動機を考えるうえで、ほかの人の志望動機の構成を見ることは参考になる。このような情報共有サイトはかなり有用だ。

登録先のリンクはこちら。すでに登録されている方も多いかもしれないが、まだ登録していない方は、この機会に登録しておくと良いと思う。

就活生が感じるリアルな就活情報【就活ノート】

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク