【私の就職体験記・小話】総務省の説明会

少しだけ官僚の世界にも興味があり、総務省の説明会に参加した。

前日が外資金融の説明会だっただけに、そのギャップに驚く。

説明会に参加している学生が、みんなまじめな雰囲気で、メガネ率が高い。

そして何故か髪が薄い人が多かった。(失礼)

一方の官僚の方々は、パワポに絵文字を入れてきたり、唐突に競馬の話をしだしたりと、割と自由な感じ。

結局、マジメだけがとりえだというタイプの学生は、入所前に落とされるのだろうか。

スポンサーリンク

総務省の業務内容

総務省の業務内容については、子供向けの以下の資料に大体書いているので引用する。

大きく、総務省の業務内容としては「通信行政」「地方行政」「政府統計」「消防・防災」あたりといえる。

IT屋としては、そのうち興味があるのは「通信行政」だ。

基本は総務省は監督官庁として周波数帯の利用方法の策定や標準化、テレビ局・通信事業者の管理・統制などを行っているわけだが、正直、話を聞いてみてもあまり総務省の業務に興味はわかなかった。

やっぱり自分で物を作るほうが好きなのかもしれない。

私以外の体験談を読むなら

就活に関する記録は、インターネット上に山ほど転がっている。

最近ではインターネットで志望動機や実際に受けた面接の内容を共有するサービスも増えた。

昔であれば、みんしゅうのような玉石混交・ある意味いい加減なサイトをしょうがなく利用していたが、最近ではきちんと運営が管理する、質の高い情報共有サイトが増えてきた。

例えば、過去の就活生のエントリーシートや就職記録を集めた就活ノートというサイト。

就活ノートは、日本最大級のエントリーシート・就活記録の掲載サイトで、なんと1000社以上の合格エントリーシートを読むことができる。

利用はすべて無料。

志望動機を考えるうえで、ほかの人の志望動機の構成を見ることは参考になる。このような情報共有サイトはかなり有用だ。

登録先のリンクはこちら。すでに登録されている方も多いかもしれないが、まだ登録していない方は、この機会に登録しておくと良いと思う。

就活生が感じるリアルな就活情報【就活ノート】

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク