NTTコミュニケーションズの企業分析と志望動機の書き方 サンプル付き

NTTコミュニケーションズは、電電公社が分割されたときに、主に長距離・国際電話を担当する会社として設立された会社である。

社員の人は自らの会社を「NTTコム」と略す。就活生はよく「NTTコミュ」と略してしまうので注意。

 

社員は若手が多く、NTT東西に比べると圧倒的に勢いがある。この雰囲気に合う人だったら楽しめるだろうが、合わない人が入ると大変かもしれない。

大手企業の代表格みたいな会社であり、ワーク・ライフ・バランスは取りやすいだろう。バランス重視の就活生には人気があった。

 

では、NTTコミュニケーションズとはどのような会社なのか、またNTTコミュニケーションズを志望するのであればどんな志望動機を書けば内定できるのか、紹介したいと思う。

ちなみに、筆者は自身の就活の際にNTTコミュニケーションズを志望し最終リクルータ面談まで進んでいる(その後選考辞退)。その時の体験記はこちら。

http://maky.dip.jp/recruit/?p=45

 

スポンサーリンク

NTTコミュニケーションズの基礎情報

職場・会社規模・財務状況

NTTコミュニケーションズは全国、さらに言えば海外にも多数の拠点を持つ会社だ。世界40か国に拠点を持っている。

そのNTTコミュニケーションズの本社は日比谷にある。いわゆる、コムビルと呼ばれているビルである。

各地に拠点があるとはいえ、9割の人は東京勤務となる。

 

従業員数は単独で約6,000人程度の会社だ。グループ会社まで含めると、20,000人規模となる。

業績についても、売上高・利益ともに順調であり、経営状態は問題ない会社といえる。

 

社風

個人的には、社員の人はプライドを持って仕事をしているように見えた。会社の雰囲気はフランクである。真面目70%、ガツガツ感が30%くらいといった印象だ。

どこの会社も同じような傾向だろうが、企画職の人はフランク、開発系の人は真面目という感じである。

 

配置換えが多い会社なので、人材としてはゼネラリスト系が求められている。リクルータ面談では「積極性・行動力・すなおさ」がある人がほしいなんてことを言っていた。

 

給料・福利厚生

給与については、35歳で700万、40後半で1000万くらいが標準的である。NTT系列は基本的にあまり給料に差が出ないのだが、NTTデータ・NTTコムは比較的給与が良い方である。

 

なお、住宅補助については3.7万程度。既婚者は7.4万といううわさだ。

なお、給料と福利厚生については私が独自に友人などから入手している情報なので、最新の人事制度変更などにより変わっている可能性がある。

 

NTTコミュニケーションズの採用のポイント

NTTコミュニケーションズの採用の最大のポイントは、リクルータ対策である。

この会社の新卒採用はとにかく不透明である。いわゆるリクルータ制度をとっており、大学ごとの採用となっている。選考に進むためには、リクルータルートにのることが重要なポイントだ。

 

大学によっては勝手にOB懇談会のお知らせが届き、これに参加することでルートにのることができる。もしくは、NTTコミュニケーションズの行う説明会や懇談会などに参加しておけば、リクルータルートにのるチャンスを貰えるだろう。

リクルータルートにのれば、そこら辺のカフェにて就活相談という名の面談に進むことになる。建前上、就職相談であるが、立派な面接であることに注意が必要だ。

もちろん、リクルータ面談ではリクルータに就職相談をしても良いのだが、「自分は今、評価されている最中である」という意識を強く持っておくべきだ。

 

NTTコミュニケーションズの志望動機の書き方

NTTコミュニケーションズは企業の特徴がはっきりある会社なので、志望動機は書きやすいだろう。

ポイントは、「グローバル」「新規事業」「挑戦」「第一志望を重視する」あたりではないだろうか。

 

具体的に言えば、以下の通りである。

 

「グローバル」:全世界に通信ネットワークを持っている会社であり、世界中で仕事をするチャンスがある会社である

「新規事業」:単なる通信事業者(いわゆる土管屋)ではなく、クラウド・AIなどをはじめ新規事業に積極的に取り組み会社である

「挑戦」:社員は向上心を持ち、積極的に挑戦していくモチベーションを持っている人が多い。

 

さらに加えて、「第一志望重視」。つまりなぜNTTコムに入社したいのかを明確に・はっきりと説明することが必要である。

 

これらの特徴を、自分のやりたいことや実現したいことつなぎ合わせれば、必然的に志望動機ができる。

 

例えば、私のやりたいことが「多くの人に影響を与えたい」「通信技術のプロフェッショナルとして活躍したい」ということであれば、志望動機は以下のようになる。

 

NTTコミュニケーションズの志望動機の例

「多くの人に関わる」ような公共性の高い仕事がやりたい。そしてICT技術と通信技術のプロフェッショナルになりたい。この2点が私が人生で実現したい目標です。(結論)

 

現代は、グローバル化、分散化が進みつつあり、世界規模で人と人を「つなぐ」ことは最重要な要素となっています。その中で貴社は、グローバル通信や個人向けの通信を業務とする、「つなぐ」企業No.1で、社会的使命を強く帯びた会社であると私は考えています。(理由1:なぜNTTコムか①)

 

さらに、説明会やOBの方と話すうちに、高い技術力を持った社員の方が多いこと、最新技術へ積極的な貢献を全社的に行っていることを感じました。(理由2:なぜNTTコムか②)

 

貴社なら、「多くの人に関わる」仕事がしたいという思いと、自分の技術的に成長したいという思いのどちらも実現することができると確信しました。貴社で私は、世界中がひとつの場所になるように「つなぐ」ことを、技術面から支えることができる人材になりたいと考えています。(再度の結論)

 

 

この志望動機では、「なぜ私が入社する会社はNTTコミュニケーションズでなければならないのか」というポイントを前面に押し出し、NTTコミュニケーションズという会社を私が理解しているぞというアピールを強めにして書いてみた。

 

また、リクルータ面談を通して感じたことを入れ込むことにより、「リクルータ面談に価値があったこと」を伝えることも意識している。(少し媚びすぎかもしれないが)

経験者たちの志望動機を参考にする

NTTコミュニケーションズの志望動機の書き方はこんな感じだろうか。

繰り返しだが、私が過去に新卒でNTTコミュニケーションズを受けたときの記録はこちら。リクルータ面談の詳細について書いているので、よければ見ていってほしい。

 

http://maky.dip.jp/recruit/?p=45

また、就活に関する記録は、インターネット上に山ほど転がっている。

最近ではインターネットで志望動機や実際に受けた面接の内容を共有するサービスも増えた。

昔であれば、みんしゅうのような玉石混交・ある意味いい加減なサイトをしょうがなく利用していたが、最近ではきちんと運営が管理する、質の高い情報共有サイトが増えてきた。

例えば、過去の就活生のエントリーシートや就職記録を集めた就活ノートというサイト。

就活ノートは、日本最大級のエントリーシート・就活記録の掲載サイトで、なんと1000社以上の合格エントリーシートを読むことができる。

利用はすべて無料。

志望動機を考えるうえで、ほかの人の志望動機の構成を見ることは参考になる。このような情報共有サイトはかなり有用だ。

登録先のリンクはこちら。すでに登録されている方も多いかもしれないが、まだ登録していない方は、この機会に登録しておくと良いと思う。

就活生が感じるリアルな就活情報【就活ノート】

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク